SPECIAL

作詞:佐伯公介 インタビュー

『ReFlap』の楽曲の作詞を手掛けるのは、自身もラッパー/トラックメイカーとして活躍する佐伯公介さん。「ReFlap Chasing RePlayers'Collection」「ReFlap Rising RePlayers'Collection」に収録される楽曲のことを中心に、作詞の裏側や歌詞に込めた思いなどを聞いた。

―まずは、本作の作詞を担当することになった経緯を教えてください。『ReFlap』の企画を始めて知った時は、どんな印象を受けましたか?

プロデューサーが高校の同級生で、何年か一緒に音楽をやっていました。『ReFlap』が音楽の作品だったので思い出してもらったようで連絡をもらいました。アニメ作品などで実際に音源を出す企画には興味がありましたし、ストーリーが実世界の投票でかわっていくというところが面白いなと思いました。

―本作の楽曲を作詞するにあたって、プロデューサー側からオーダーされたことはありましたか?

全体としては企画とリプレイヤーの資料を頂いていたので、オーダーと言うよりは資料から汲み取るような感覚でした。一緒に音楽をやっていたこともあるプロデューサーなので信頼して投げてもらった感覚があり奮い立ちました。各曲に対しては各リプレイヤーの状況や心情を簡潔に伝えていただいています。

―『ReFlap』の楽曲の歌詞を書くうえで、意識していることはありますか? キャストのみなさんがよく「『ReFlap』の曲は難しい!」とおっしゃっていますが、そのあたりは制作の段階から狙っているのでしょうか?

やはり楽曲はどんな方でも感情移入しやすくあって欲しいので、歌詞表現ではリプレイヤーしか当てはまらないような内容にならないようにしています。
それといつもかっこいいメロディを頂くので、リズムが死なないように音節をとっています。1音1ひらがなではないので詰め込んでいるところは難しいかも知れないです。
ラップに関しては普通に難しいと思います(笑)が、いつもキャストのみなさんに歌いこなしていただいてワクワク聴いています。

―「ReFlap Startup Song」に収録されていた各楽曲について、作詞する際に意識したことやこだわったポイント、特にお気に入りのフレーズを教えてください。

「Entertain」はメイン曲だったので王道で勢いのあるものにしようと思いました。ラップパートは「ぺっちゃんこ」や「はい、どうも」など通常の歌詞ではあまり使えないワードを入れてラップの面白さ/かっこよさが伝わるといいなと思いました。
「Moment」はパーティーチューンなんですが、無意味に騒ぐようなものにしたくなくて「SNS疲れみたいな社会的なしがらみを吹き飛ばしてリアルで楽しもう」という内容にしています。1Aは男性、2Aは女性のあるあるみたいに伝わっていたら嬉しいです。
「Fly」は、2番ラップの「行き止まりに見えたあの海岸線にあった錆びたボート」という歌詞がお気に入りです。目の前に海が広がって行き止まりだと思ってしまっても、何かしら方法はあるはずだ、という意味です。
「They say」は軽快にさらっと毒吐く感じが好きで、「I’ve got a power 不純物は速攻シャットアウト え?わがまま? 主役はそうでなきゃ」というところが特に好きです。実際必ずしも正しい人間がスターになれるわけじゃないと思うので。

―「ReFlap Chasing RePlayers'Collection」に収録される「Beautiful Revenger」「Believers」と、「ReFlap Rising RePlayers'Collection」に収録の「Diamonds」は、1st Votingの敗者と勝者に分かれて歌う楽曲です。作詞するうえで、それぞれの立場の違いをどのように表現しようと思われましたか?

敗者グループの敗北というのは過去に何かあった人達の集まりであるこの企画において大きな痛手だと思うのですが、一度立ち上がっているからこその強さを信じて作りました。
勝者に関してはまだゴールではないので勝って兜の緒を締め直すような気持ちを歌って欲しいなと思って書きました。道端の石ころだった自分たちの中に強く輝く部分を見出して、その部分を磨いて余計な部分を削ぎ落としていくイメージからダイヤモンドです。

―アンダー4(1st Votingの敗者4人)が歌唱する「Beautiful Revenger」「Believers」2曲の住み分けについてはどのように考えて作詞されましたか?

楽曲自体に動と静の対比がありました。
「Beautiful Revenger」は叩いて強くなる、という部分から日本刀を打っているところをイメージしています。火花が散り強く強く鍛えられていく鋼の力強さ。
「Believers」は乗り越えることを前提にした上で自分の弱さや敗北と向き合っていく自省的なアプローチです。ボロボロだけど当然諦めない静かな誓いみたいな曲にしました。

―「ReFlap Rising RePlayers'Collection」には玲於奈、麗司、陽向のソロ曲も収録されます。それぞれの楽曲の作詞を通して、佐伯さんは玲於奈、麗司、陽向をどんな人物だと感じましたか?また、それを踏まえて歌詞にはどのようにアプローチしていかれたか、教えてください。まずは1位を獲得した玲於奈からお願いします。

玲於奈はサバサバしてるように見えるけど行動理念は外に向いていて、誰かのためになりたいっていう利他的な人なんだと思いました。
玲於奈の楽曲は意外なほど力強い印象なのですが、その強さは玲於奈が助けたい人たちに見せなきゃいけない背中で、宣言で。だから中性的な玲於奈だけど、この曲では強く強く居なければいけないっていう覚悟を形にしました。

―続いて、麗司について。

元ホストで社長でと多才な麗司は全部見えてて、理解して、それに対応できる能力のある人っていうイメージです。人の考えてることの二個先を平然と理解して、それに合わせて必要な自分を演じられる。出来すぎるが故に冷徹というか温度が感じられないこととかもあるだろうな、という想像から「ファンの皆が欲しい麗司を演じてる麗司」みたいなイメージで作詞しました。

―では、陽向についてはいかがでしょう?

陽向はクールで大人びて見えるけど結局は仲間が大事で一緒に楽しく居たい子供みたいな人なんだろうと思ってます。そういう少し子供じみたモチベーションは、出してきた結果や立ち振る舞いに隠れているのでいいように取られやすい。ただ今回ソロ曲を得て、全てを賭けて歌うとなればモチベーションの部分が露呈される。なので隼弥を待つ歌になりました。

―「ReFlap Chasing RePlayers'Collection」「ReFlap Rising RePlayers'Collection」に収録される楽曲で、佐伯さんが個人的にお気に入りのフレーズや、聴く方に特に注目して欲しい個所を教えてください。

「Beautiful Revenger」でイメージした日本刀を打っている情景を思い浮かべてみて欲しいです。イントロから1番は薄暗い部屋の中に一筋だけ光が入って飛んでいる埃がキラキラしている静かな光景。Bメロからその部屋に不釣り合いなほど赤い釜みたいのがあってサビで刀鍛冶がバカンバカン火花を激しく散らして鋼を鍛えている。こんなにビジュアルが浮かぶのも珍しいのでみなさんと共有できたら嬉しいです。
あと玲於奈の「Paradise」の力強さの裏にある愛情、強くなきゃいけない優しい理由も感じながら聴いていただけたら泣けちゃいます。

―『ReFlap』の楽曲を通して、佐伯さんが挑戦になったと感じることはありますか?

画面の中の実在しないキャラクターと、みなさんの投票で結果やストーリーが変わっていくリアルさっていう虚実混合具合が面白くて、毎曲挑戦です。各リプレイヤーに感情移入して、ストーリーを追いかけて歌詞を書いていくたびに応援したくなったり、悔しくなったり。僕の歌詞が、ラップが順位に影響してしまうかもと思うと緊張感があります。

―佐伯さんが特に気になっているリプレイヤーは誰ですか? また、「今後、この人の歌を書いてみたい」と思う人物がいたら教えてください。

気になっているのは隼弥です。初めて資料見た時から明らかに主役で、赤レンジャー!って感じなのにオーディションで負けたりしてて。普通のフィクションだったら彼が順当に勝ち残っていきそうなところがそうならない。主役っぽい上に『ReFlap』の一番面白いところを体現していて魅力的だなと思います。
あとは瑞人のバンドものとかやりたいですよね、せっかくバンドマンだし。

―作品の今後の展開を楽しみにしているファンに向けて、メッセージをお願いします。

今回こんな素敵な企画に作詞/ラップで関わらせていただけて光栄です。僕は楽曲を作りますが、これからのストーリーを作るのはみなさんの投票です。一緒にかっこよくて面白い『ReFlap』を作っていきましょう!これからもよろしくお願いします!

PROFILE

佐伯公介(さえき・こうすけ)

ラッパー/トラックメイカー。ReFlap Project各曲の作詞を手掛ける。三浦大知、松下優也、X4などへの詞曲提供や、般若、ZORN等ラッパーへのトラック提供など、幅広く活動中。